top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

市原市Nさま邸 外壁の下地調整・外壁の下塗り・軒天の下塗り・屋根板金の下塗り

こんにちは。


今日は空全体を雲が覆っていて、少し肌寒い1日でしたね。


本日は外壁の下地調整・外壁塗装の下塗り・軒天の下塗り・屋根板金の下塗りについてお伝えします。



20240423_1
外壁の下地調整 1

外壁塗装における「下地調整」というのは、塗装する下地表面のキズや隙間を除去したり、塗装面の凹凸やひび割れを修繕し滑らかにするために行います。





20240423_2
外壁の下地調整 2

塗装前の下地処理が不十分だと、ムラや劣化が進みやすくなってしまいます。。


適切な下地処理を行うことで、ムラや劣化などを防ぎ、美しく長持ちする外壁に仕上がります♪





20240423_3
屋根板金の下塗り 1

こちらは屋根板金になります。


屋根板金は鉄でできているため、メンテナンスをしないと必ずサビてしまいます。。


サビが発生すると腐食が進んで、酷い場合は穴が空いたりしてしまいますが、早めの対応で

鉄製の部分を長持ちさせることが出来ます。




20240423_4
屋根板金の下塗り 2

こちらのような鉄部の塗装であっても、外壁塗装であっても重要なのは下地の処理になります。


塗装前のサビているところは出来る限り取り除き、塗装を行うのが重要です!


研磨パットを使用し、旧塗膜やサビをしっかりと落として下地調整を行い、鉄部の下塗りであるサビ止め塗装をしました。




20240423_5
外壁の下塗り 1

外壁塗装の作業になります。


外壁塗装は、最低でも3回塗りになっています。


下塗り、中塗り、上塗りがあり、写真は塗装工事の塗り作業で最初に行う工程の下塗りになります。


外壁塗装では、下塗りは必要不可欠となります!


塗装する外壁はひびや凹凸の経年劣化症状がありますが、下塗りをすることで平滑化でき、塗料も密着しやすくなるからです。


上塗りだけでは、塗料がしっかり密着しません!


上塗り材は接着力が低く、そのまま下地に塗ってもすぐに剥がれてしまいます。。


下塗りを適切に行うことにより、下塗り材が接着剤の役割を果たし、塗料の密着性が高まります♪




20240423_7
外壁の下塗り 2

上塗り材の密着性を高めることで、耐久性を高くすることができます。


外壁が適切に塗装されていないと、外壁が直接ダメージを受けてしまい、耐久性がどんどん低下します。


下塗りは直接目には見えませんが、重要になってくる工程になり、下塗りがおろそかにな

ると、上塗りが綺麗にまた長持ちするようには仕上がりません!




20240423_8
外壁の下塗り 3

また経年劣化した外壁に、そのまま上塗り材を塗ると、建材が塗料をスポンジのように吸い込んでしまいます。。


下塗り材を使うことで、外壁に塗膜が吸い込まれるのを防ぎ、色ムラのない仕上がりになります♪





20240423_9
外壁の下塗り 4

数年で塗料が剥がれることがないようにしっかりと丁寧に下地を仕上げました♪







20240423_10
軒天の下塗り 1

軒天の塗装をしていきます。


軒天とは、住宅を見上げた際に外壁から外側に突き出している屋根部分の裏側のことです。


紫外線や雨水から外壁を守る役割があります。


外壁や屋根と同様に、軒天も3回塗りを行うのが基本です。


本日は下塗りになります。




20240423_11
軒天の下塗り 2

上塗り塗料には接着力がほとんどなく、そのまま塗ってもすぐに剥がれてしまいます。。


そこで重要になるのが下塗りになります!


下地と中塗り・上塗り塗料を密着させる接着剤のような役割があり、下塗りを丁寧に行うことで、中塗り・上塗り塗料の密着性が高まり剝がれにくくなります。


また軒天部分は汚れが溜まりやすいので、劣化が進むと雨漏りの原因になることも。。


ですが、しっかり塗装していきますのでご安心くださいませ♪





次は、屋根塗装の下塗り・外壁塗装の中塗りになります。


引き続き、よろしくお願いいたします。

タグ:

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page