top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

千葉市中央区Nさま邸 付帯部塗装

こんにちは。


今日も強い日差しが降り注ぐ1日でしたね。


本日は付帯部塗装についてお伝えいたします。



20240710_1
付帯部塗装 1

付帯部とは、「外壁の外側に付属しているパーツ」のことです。


雨どい・雨戸・換気口・軒天・破風板・シャッターボックスなどです。


こちらは、雨水や風の侵入を防ぐ役割を持っている「破風板」。


外壁塗装の際に、素材を保護するためにも一緒に塗装をするのが一般的です!






20240710_2
付帯部塗装 2

屋根の側面に付いている破風板ですが、素材保護や美観を維持するために塗装が必要になります。


破風板は紫外線や風を多く受ける部分で、劣化が進むと破風板自体が水を吸って、膨張収縮を繰り返し変形してしまいます。。


歪んで隙間ができるとそこから水が入り、軒天や屋根裏に水が伝っていってしまう恐れがあります。。。


そのため、しっかり丁寧に塗装して防水機能を持たせることが大切になります!


また付帯部分の塗装は、家のシンボル的なものが多く、美観的にもとても大切ですので

しっかり丁寧に塗装しました♪




20240710_3
付帯部塗装 3

こちらは、屋根に降った雨を地上までスムーズに排水するための設備である「雨樋」。


外壁以外の付帯物も紫外線によって劣化してしまうと破損してしまいます。


紫外線による劣化を防ぐためにも塗装することが大切になります!





20240710_4
付帯部塗装 4

こちらは軒天になります。


軒天とは、住宅を見上げた際に外壁から外側に突き出している屋根部分の天井のことです。


この部分は汚れが溜まりやすいので、劣化が進むと雨漏りの原因になることも。。


ですが、しっかり塗装しましたのでご安心くださいませ♪





20240710_5
付帯部塗装 5

続いて、こちらは水切りになります。


水切りとは、基礎と外壁の間をぐるりと囲んでいるしきりの部分のことになります。


水切りの役割は、外壁や基礎に雨が当たるのを防止することができます。





20240710_6
付帯部塗装 6

付帯部分は見た目も重要になるため、丁寧に塗装を行いました!


付帯を塗装することで、付帯自体の耐久性や家全体の美観が保たれるので、外壁塗装をする

際は一緒に行うといいですね♪





20240710_7
付帯部塗装 7

その他の付帯部もしっかり塗装しました♪


シャッターボックスや。。






20240710_8
付帯部塗装 8

エアコンカバーや。。




20240710_9
付帯部塗装 9

換気口などまでしっかりと!


外壁以外の箇所もしっかり塗装することで、家の寿命を延ばすことに繋がります♪





20240710_10
補修前 1

上記の画像は、塗装前の換気口になります。






20240710_11
補修前 2

換気口の回りにきちんとコーキングが打たれておらず、数センチの隙間ができていました。


このまま放っておくと、雨漏りやカビ、シロアリの発生原因になってしまいますので、丁寧に補修していきます。





20240710_12
コーキング補修

隙間が出来てしまっている部分をしっかりコーキングで補修しました。




20240710_13
塗装後

こちらは塗装後の画像になります。


補修をした上から塗装を3回塗り重ねたことで、より長持ちする外壁に仕上がりました♪





本日で全ての工事が完了しました。


この度は数ある業者の中より選んでいただけたことに感謝いたします。


これからがお付き合いのはじまりです。


末永くお付き合いの程、よろしくお願いいたします。


不安なことや、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。


誠にありがとうございました。








タグ:

閲覧数:14回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page