top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

千葉市緑区Aさま邸 ダブルトーン塗装凸部色1回目

こんにちは。


今日も澄んだ青空が広がり、蒸し暑い1日でしたね。


本日は外壁のダブルトーン塗装についてお伝えいたします。


ダブルトーン塗装とは、タイルと目地を別々の色で塗り分ける工法のことです。


まずは目地の色となる塗料で塗装し、そのあとに凸部分の色を塗装していきます。


20230911_11
ダブルトーン塗装の試し塗り

こちらは試し塗りの様子になります。


実際に凸部色と目地色を塗り、お客様のイメージに合うかを見ていただきました。


カタログや色見本などから思い描いたイメージももちろんですが、サイディングのパターンによっても印象が違うこともありますので、実際に見て納得して選んでいただきたいと思います。




20230911_12
ダブルトーン塗装の凸部色1回目 1

凸部分を仕上げの塗装色で塗っていきます!


毛丈の短いローラーを用いて目地を汚さないように丁寧に塗っていきます。


毛の短いローラーで表面を塗装することで、凹んだ部分に色が入りにくくなります。




20230911_13
ダブルトーン塗装の凸部色1回目 2

目地部分に塗料が入らないように、職人さん慎重に塗装してくれています!




20230911_14
ダブルトーン塗装の凸部色1回目 3

お家のサイディングの外壁を塗り替えたいけど、単色で塗ってしまうとせっかくのデザインがもったいないという方にはおススメの工法です。


凹凸を色分けして塗装するので、他とは違ったおしゃれなお家に仕上がります。


またダブルトーンは通常よりも塗装回数が多いので、耐久性があり劣化を起こしにくい特徴もあります♪



20230911_15
ダブルトーン塗装の凸部色1回目 4

ダブルトーン塗装の凸部色の1回目が完了した状態です。


さらに凸部色の2回目を塗り重ねることで厚膜になり、クッキリとした見た目になります♪




次はダブルトーン塗装の凸部色の2回目になります。


引き続き、よろしくお願いいたします。






タグ:

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page