top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

千葉市中央区Nさま邸 外壁塗装の上塗り・付帯部塗装

こんにちは。


本日は外壁塗装の上塗りと付帯部塗装についてお伝えいたします。



20230810_21
外壁塗装の上塗り 1

外壁塗装は、最低でも3回塗りになっています。


下塗り、中塗り、上塗りがあり、上記画像は上塗りになります。


外壁塗装での上塗りは、塗装の仕上げとなる重要な工程になります。


ローラーや刷毛を使い分けて隅々まで塗り残しなく、丁寧に仕上げていきます!



20230810_22
外壁塗装の上塗り 2

中塗りに続き、仕上げの上塗りを行うのは、塗料の耐久性を維持するためです。


上塗りは、耐久性のほかにも美観を高める役割があります。


外壁塗装の見た目の美しさは、上塗りにかかっているといっても過言ではありません!




20230810_23
外壁塗装の上塗り 3

ですが上塗り材だけでは、耐久性や長期の美観を維持することはできません。。


ついつい上塗りだけに注目しがちですが、下地処理が適切に行われているか、下塗り・中

塗りが丁寧にされているか、乾燥時間が守られているかなど、上塗りは様々な工程が完璧に

行われた後に上塗りの効果を発揮します!


どの工程も丁寧に行われてこそ、正確な耐久年数を保つことができます。



20230810_24
外壁塗装の上塗り 4

こちらが上塗りを終えた状態です。


中塗りの段階でしっかりと塗膜が形成されていましたが、上塗りを重ねることでより厚膜になり、雨風や紫外線から守ることができる強固な外壁に仕上がりました♪



20230810_25
クラック塗装前

こちらは塗装前のクラック箇所になります。



20230810_26
クラック塗装後

こちらは塗装後のクラック箇所になります。


補修をした上から塗装を3回塗り重ねたことで、より長持ちする外壁に仕上がりました♪




20230810_27
付帯部塗装 1

こちらは付帯部塗装になります。


付帯部とは、「外壁の外側に付属しているパーツ」のことです。


雨どい・雨戸・換気口・軒天・破風板・フラワーボックスなどです。


付帯部分の塗装は、家のシンボル的なものが多く、美観的にもとても大切です。


付帯部分は細かい作業になりますが、「少しでもよりキレイに長持ちさせたい!」

その気持ちを大切に職人さん頑張ってくれてます!


建物に数箇所取り付けられているフラワーボックスですが、こちらもとてもキレイに塗装がされていて新築のような仕上がりになりました♪


20230810_28
付帯部塗装 2

こちらは、屋根に降った雨を地上までスムーズに排水するための設備である「雨樋」。


外壁以外の付帯物も紫外線によって劣化してしまうと破損してしまいます。


紫外線による劣化を防ぐためにも塗装することが大切になります!




20230810_29
付帯部塗装 3

こちらは軒天になります。


軒天とは、住宅を見上げた際に外壁から外側に突き出している屋根部分の天井のことです。


この部分は汚れが溜まりやすいので、劣化が進むと雨漏りの原因になることも。。


ですが、しっかり塗装しましたのでご安心くださいませ♪



次は、ベランダ工事になります。


引き続き、よろしくお願いいたします。














































タグ:

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page