top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

外壁のシリコン塗料って何?他の塗料との違いやメリット・デメリットをご紹介!


20221025_1


「シリコン塗装って本当に良いものなの?」


「どうして人気なの?」


と思う方も多いと思います。


シリコン塗装を多くの人が選ぶ理由は、コストパフォーマンスの高さでしょう。


高い耐候性とお手頃な価格で外壁塗装ができるので、とても人気があります。


塗料で迷った場合はとりあえずシリコン塗料」と決めても失敗することは少ない塗料といえます。

そこでシリコン塗装とはどんなものなのか、人気の理由をご紹介します。




目次

1. シリコン塗料とは

2. シリコン塗装が選ばれる3つのポイント

2-1 耐久性が高く、コストパフォーマンスが良い

2-2 性能が良い

2-3 塗料の種類が多い

3. シリコン塗料のデメリット

  3-1 ひび割れを起こしやすい

3-2 重ね塗りには向いていない

3-3 フッ素塗料や無機塗料などより耐用年数が短い

4. シリコン塗料をおすすめできない方

まとめ



1. シリコン塗料とは

シリコン塗料とは、塗料の主成分が合成樹脂で、その樹脂にシリコンが含まれている塗料の

ことです。


能面・耐久性・価格帯のバランスが良いことから、多くの外壁や屋根の塗装に使用されています。


最近の住宅の外壁塗装では、一番使用される割合が高い塗料になります。



グレードが高くなればなるほど耐用年数は長くなり、金額も高くなります。

シリコン塗料は外壁塗装の塗料のなかで中グレードになります。


塗料の種類

費用(1㎡あたり)

耐久年数の目安

アクリル

1,400~1,600円/㎡

5~7年

ウレタン

1,700〜2,200円/㎡

8〜10年

シリコン

2,300~3,000円/㎡

10~15年 

フッ素

3,800~4,800円/㎡

15~20年

無機

4,500~5,500円/㎡

20~25年



2. シリコン塗装が選ばれる3つのポイント



20221025_2

シリコン塗料が選ばれる理由をお伝えします。


塗料選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。


2-1 耐久性が高く、コストパフォーマンスが良い


シリコン塗料の耐用年数は10~15年と言われています。

上記の表でお伝えしたように、アクリル塗料と比べると約2倍の耐久性です。


またフッ素などの塗料と比べると、費用が安いのでお手軽な塗料です。


シリコン塗料は、耐用年数や価格など総合的なバランスに優れていて、コストパフォーマン

スが高いことが、外壁塗装で最も選ばれている人気の塗料の理由のひとつです。



2-2 性能が良い


・耐候性が高く、光沢・艶を長持ちすることができる

・耐熱性に優れ、熱による影響を軽減することができる

・耐水性が高く、湿気や雨による劣化を抑えることができる

・透湿性に優れ、湿気による結露やカビを防げぐことができる

・防汚性が高く、汚れがつきにくいため長期間美観を保つことができる


これらの性能とグレードの高さは、塗料によって違いがあります。

なるべく大手のメーカーの塗料を使用するのが失敗しないポイントです。

なぜなら、シリコン樹脂の含有率はシリコン塗料の性能・質に影響するからです。

具体的にはシリコン含有率が20%以下のシリコン塗料は選ばないようにしましょう。

2-3 塗料の種類が多い


シリコン塗料は人気の塗料となるため、商品のラインナップが豊富です。

カラーバリエーションや価格、性能などご自身のお家にあった塗料を様々な選択肢の中から

選ぶことができます。


建物の状況や近隣との関係性などからも最適な塗料を選ぶことができます。

外壁塗装で大切なことは、グレードの優れた塗料を選ぶことではなく、ご自身のお家にあった最適な塗料を選ぶことです。



3. シリコン塗料のデメリット


20221025_3

外壁塗装で人気のシリコン塗料にもデメリットは存在します。

デメリットをしっかり把握したうえで、後悔のない塗料選びをしていきましょう。

3-1 ひび割れが起きやすい


ウレタン塗料などに比べて弾性が低いシリコン塗料は、劣化が進むと塗膜が硬くなり、ひび割れしやすくなります。


気温の変化や水分で伸縮する素材への塗装や、振動が多い立地での塗装にはあまり向いていません。


3-2 重ね塗りには向いていない


撥水性の高さが魅力のシリコン塗料ですが、重ね塗りが難しいというデメリットがあります。


塗膜が固く撥水性があるため、重ねて塗る際は付着力が弱くなり、シリコン塗料に適した下地を使用しなければなりません。


3-3 フッ素塗料や無機塗料などより耐用年数が短い

人気のあるシリコン塗料ですが、フッ素塗料や無機塗料などシリコン塗料以上に耐用年数が長い塗料があります。

塗り替えを考えている方にとって、費用は検討材料のひとつですが、塗り替えの回数を減らしてトータルコストを抑えたいと思う方もいるでしょう。

価格は高くなってもメンテナンスの回数を減らしたい方は、より長持ちする塗料を選んだ方がいいかもしれません。

4. シリコン塗料をおすすめできない方


シリコン塗料は人気がある塗料ですが、どなたにもおすすめできる塗料ではありません。


注意点をまとめましたので、後悔の無い塗料選びをしていきましょう!

10年以内にお家を手放す予定がある方

耐用年数が短いウレタン塗料を使ったほうが、費用の無駄がありません。



とにかく長持ちさせたい方


塗料の費用は高くなりますが、塗装を長持ちさせたいとお考えの方には、フッ素塗料をおすすめします。


シリコン塗料よりも耐用年数が長く、耐久性にも優れているため、コストパフォーマンスも良いといえます。




まとめ


シリコン塗料は、価格と耐用年数のバランスがよく、優れた点も多いため人気の高い塗料で

す。

コストパフォーマンス重視で塗装される方や、10年以上は持たせたい方にはシリコン塗装をおすすめします。

シリコン塗料の特徴や選び方のポイント、価格を考慮しつつ、大切な家の外壁塗装の塗料に

ふさわしいか検討してみましょう。


ぜひ参考にしてみてください。



最後までご覧くださり、ありがとうございました。


















タグ:

閲覧数:9回0件のコメント

Kommentare


bottom of page