top of page
  • 執筆者の写真広報 優子さん

千葉市中央区Nさま邸 コーキング・幕板撤去作業

こんにちは。


毎日暑い日が続いていますので、水分補給をしっかりしていきたいですね!


本日は幕板の撤去とコーキングの作業についてお伝えします。



20230712_1
幕板の劣化

幕板とは、外壁の1階と2階の間やベランダなどについている板状の装飾材・化粧材のことです。


見た目をおしゃれにするために付いている部材なのですが、外壁とは別の素材を上から張り


付けているので、外壁や屋根などと比べて劣化がしやすい箇所になります。


放置しておくと、見栄えが悪くなってしまうのはもちろんのこと、ぼろぼろに崩れた幕板


の落下や、外壁を弱らせて雨漏れの原因になるなど、建物自体のダメージにも繋がってしまいます。。


そのようなことにならないよう撤去させていただき、ビスの穴も雨水などの水が入り込むことがないようにしっかり補修を行いましたのでご安心くださいませ♪





20230712_2
幕板の撤去

撤去した幕板ですが、全体的に水分を含み、もろくなっていました。




20230712_3
補修作業 1

外壁の穴を放置すると、その穴から雨水が浸入し、壁材の腐食に繋がります。


長年放置した浸水による影響は、外壁材の一部補修だけでなく、取替工事が必要になることもあります。。


大事なお客さまのお家がそのようなことにならないように、ペイント王千葉店では屋根・外壁に関する補修工事は社長自らしっかり確認して作業にあたります!



20230712_4
補修作業 2

全てのビス穴の補修も完了しました!






続いてコーキング作業になります。


外壁のコーキングは、以下の役割を持っています。


・外壁内部へ水を入れない

・地震等で家が揺れたときに外壁同士がぶつかって割れないように緩衝する


コーキングがあることで、お家は水から守られ、外壁も長持ちします。


そんなコーキングも紫外線に当たり続けることによって、だんだんと劣化しひび割れが出てきてしまいます。



20230712_5
コーキングの劣化 1

サイディング外壁では、一番わかりやすい劣化がコーキングになります。


耐用年数が経過し、コーキング材にひび割れ、亀裂が入っていました。




20230712_6
コーキングの劣化 2

コーキング自体にひび割れや亀裂がある場合は、早急な対処が必要です。


放っておくと、ひび割れや亀裂が大きくなり、雨水を外壁の内部へ侵入させてしまいます。


雨水が家の内部にまで入り込むようになると、カビ・シロアリ・雨漏りなどを発生させてしまうことも十分に考えられます。。




20230712_7
コーキング撤去 1

まずは、古いコーキングを全部撤去していきます!


コーキングをカッターで取り除く際に、コーキングの両端に2~3回カッターで切り込みを

入れていきます。




20230712_8
コーキング撤去 2

外壁からコーキングを剥がしていきます。


この作業は剥がすだけですが、力のいる作業で体力勝負となります!


職人さん、汗びっしょりになって頑張ってくれています!!




コーキングの打ち替えで重要なのは、古いコーキングを残らず撤去することです。


撤去後、きれいに清掃して本日は作業終了となります。



明日はコーキングの充填作業になります。


引き続き、よろしくお願いいたします。









タグ:

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page